【体験談】歯医者さんから親知らず4本一気に抜く?と言われた話(その6)

恐れ猫

親不知抜歯怖すぎてどんな気持ちで当日を迎えればいいのか
ネットサーフィンするも、更に恐怖をあおられた・・・

という方がいらっしゃると思います。

不安・恐れの原因として、

  • 抜歯は何されるか分からず不安 
           ⇒ 流れが分からない、初めてのことへの恐怖
  • 痛いのではないか?という不安 
           ⇒ 痛みのレベルが分からない、耐えられるか不安

があると思います。

何でもそうですが、人は初めてする経験や体験に対して不安感を持つと思います。
始めてやる仕事に対して、流れが分からない、全容がつかめないことによる漠然とした不安を抱いた方はすくなくないと思います。

これらに対して、私の体験談シリーズを通して、

  • 私が抜く前に知りたかった気持のもちよう
  • 当日の流れ(体験談)
  • どうやって切り抜けたか

を書きたいと思います。

私の抜歯体験談は、普通の抜歯かもしれません。
ただ、普通の体験記もあっていいのでは?ということで書きます。
何回かに分けて体験談を書きます。

 

注意
親不知を抜く予定がない、予定があっても強靭な精神を持ち合わせているので、怖くても大丈夫という方向けの記事です。
詳細に書きます(笑)私の感情面も併せて臨場感あふれる感じで書きたいと思います。
  
どうぞ追体験してください。

ヘビー版*親不知抜歯体験記 その6 ~半分だけしびれる不思議~

前回までのあらすじ

前回は歯の消毒で済んだけど、今回はいよいよ下の歯の抜歯・・・!いざ・・・!
【体験談】歯医者さんから親知らず4本一気に抜く?と言われた話(その5)

ヘビー版*親不知抜歯体験記 その6 ~半分だけしびれる不思議~

今回は、抜歯1週間前までは抜歯に行くこと自体を忘れておくことができました。
ただ、抜歯が近づいてくると、恐怖が出てきます・・・。

思考の流れ
いける!と思ったり、やっぱり逃げ出そうかな・・・と弱気になったり・・・。
前回の抜歯で麻酔を何度も追加した挙句、痛くて下の歯の抜歯を断念した経緯がありました。
なので、あの痛みに耐えないといけないのか・・・とどんよりしていました。
このような気持ちでした。

そんなときは、
5つの言葉を思い出し、自分を鼓舞しました。

ポイント
怖くてどうしようもないときは以下の5つの言葉を思い出してみて!

  • 「はじまればおわる」
      ⇒抜歯は永遠に続かない!抜歯が始まれば終わりは必ずくる!
  • 「人生の中の数分」
      ⇒多少痛くても人生の中のたった数分
  • 「のど元過ぎれば熱さ忘れる」
      ⇒痛いとしても、抜歯が終わって1週間もすればその抜歯の痛みも忘れる
  • 「まな板の上の鯛」
      ⇒診察台に乗ったらあとはもう先生に託してされるがまま。先生と一緒に戦う気持ちで
  • 「未来の私に褒められるよ!」
      ⇒今の私は怖くて逃げたいけど、今頑張れば、未来の私にえらい!
       よく頑張ってくれたって褒められるよ

抜歯当日は、やっぱり怖くなり、近くの公園でぐるぐるして気持ちを落ち着けていました(笑)
時間になって名前を呼ばれ、診察台に寝て、先生から、

先生

ちゃんとご飯食べた?
と聞かれ、
はい

maki猫

と答えるやりとりを挟み、

先生

さ、始めるか!
と一言・・・。
あっ・・・やっぱり怖い・・・

maki猫心の声

先生

前回と麻酔のやり方ちょっと変えてみるね!
でも、そんな劇的に痛くなくなるわけじゃないよね・・・こわい・・・

maki猫心の声

見えないので体感になるのですが、ほっぺの奥の方?をちくっとされ(麻酔は痛くない)、反対もちくっとされました。
いつものように歯茎じゃないんだなぁと思っていると、

先生

だんだん唇と舌の右半分だけしびれてくるよ
と一言
半分?!そんな現象が本当に起こるのか・・・?

maki猫心の声

と半信半疑

先生

しびれてきたら教えてねー
と言って去る。
麻酔を打った直後から、
おや・・・?本当に唇と舌の半分がしびれているぞ・・・?

maki猫心の声

神経が操作されている・・・!という若干のわくわく感
唇と舌がしびれるのも初めての経験

歯科助手さん、しびれてきました

maki猫

歯科助手

あらほんと!じゃあ先生呼んでくるね
先生現る

先生

しびれてきた?じゃ、始めるよ!
まず、歯を浮かせる器具を使い、その後に歯を左右に動かす・・・

maki猫心の声

あれ!痛くないぞ!というか、何されているかもわからない!
上の親知らずの抜歯のときは何されているかもわかるし、歯の根っこが熱くて痛かったのに
ただ、歯を左右に動かすときは、どうしても頭もゆさぶられてしまう…。
そんなときは、「これは痛みではない!こわいだけだ!」と考えて乗り越える。
ポイント
頭が揺さぶられるときは、これは痛みではない、怖いだけだ、と考えてみて!

先生

いたい?
いひゃくなひです(いたくないです)

maki猫

先生

ひょーウレシー!ノンストレス!
という喜びよう(笑)

先生

おや?もう歯は脱臼している(抜けてもいいはず)状態なのに、歯が抜けてこない!これはドリルか?
先生、ドリルは、どうか・・・ドリルだけはどうか・・・!

maki猫

数分格闘するとぽろっとぬけた
正確に言うと麻酔がよく効いていて、いつ抜けたかどうかも分からないのだけど
ポイント
麻酔がしっかり効いていればいつ歯が抜けたかもわからない
ここまでで、体感10分くらい!すばらしいスピード感!
そして間髪入れず、左下の親不知の抜歯へ!

次回に続きます!
【体験談】歯医者さんから親知らず4本一気に抜く?と言われた話(その7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA